面接とは一般的に人物像や能力を判断するために、直接あって話し合いをすることをいいます。

面接で聞かれることの多い質問

はじめての面接を受ける人へ

面接で聞かれることの多い質問 面接とは一般的に人物像や能力を判断するために、直接あって話し合いをすることをいいます。学校に入学する際にも面接を経験したことはあるかもしれませんが、就職となるとまた少し趣がかわってきます。簡単にいってしまえば、この会社に必要かどうかを判断する機会になります。

面接をする側も受ける側も人間です。書類やメールだけではわからない、その人の人格や思想などもチェックされます。会社としても必要でない人材はいらないので、この面接で合否を決めることがほとんどです。人間は実際あわないとわからないことが沢山あります。ましてやインターネットが発達している今は、ネット上ではコミニケーションがとれるけど、リアルなコミニケーションが苦手という人もいます。

実際にあい、質問などされ、話し合って、その人のことが少しみえてきます。就職活動ではとても大事なポイントになりますので、身だしなみなど最低限のルールを守り、マイナス評価されることは防げるものは防いでいきましょう。日本人は自分をアピールすることが苦手といわれています。自分がどれだけこの会社に入りたいかの気持ちを伝えて、悔いの残らないものにしましょう。ポイントは服装や時間など最低限のことはクリアにさせマイナス面を回避し、実際話すときにプラス面をアピールできるようにすることです。
Copyright (C)2019面接で聞かれることの多い質問.All rights reserved.