話をするときには起承転結などうまく展開をすることがります。

面接で聞かれることの多い質問

面接では仕事に関係のあるエピソードを織り交ぜる

面接で聞かれることの多い質問 話をするときには起承転結などうまく展開をすることがります。結論だけを話すのもよいですが、それをうまくストーリーにすることで相手にわかってもらいやすくできる場合があります。難しい内容のことを話すときにいきなりその内容から入っても相手にわかってもらえません。エピソードや実際にあったことなどを交えて話せば相手にも伝わりやすくなる場合があります。

面接をするときに質問を受ければそれに対する回答をしていきます。自分の長所や短所を言ってくださいは定番の質問として知られています。この時にただ明るい、暗いと言っただけではわからないのでエピソードを踏まえて話すとなるほどと感じてもらいやすくなります。このエピソードは自分の私生活のことよりも仕事のこと、応募企業に関連のあることを入れるようにします。

私生活のことを出されても聞く人からすると何のことかわからないことがあります。一方仕事に関連することであれば、別の業種であってもそれなりにわかります。ましては自社に関連のあることを話の中に入れたとするとよく調べているとの印象を残すことができます。急に話をすることはできないでしょうから、使えそうなエピソードを準備しておき、その時の質問に合わせて使うようにします。
Copyright (C)2019面接で聞かれることの多い質問.All rights reserved.